母から電話があった。通い始めたヨガのこと、近くのお店のこと等、どうでもいいことを一方的に母はしゃべり続けた。

世間話をするために電話をしてくる人ではないので、何か言いにくいことを話すために、タイミングを図っているとしか思えなかった。

こちらも覚悟がいるので、手元にスマホとタブレットを準備し、その時を待った。

「明日ね、お父さんがね、退院するのよ。看護師さんたちに何か持って行ったほうが良いのかしら?」
父が退院するとは初めて聞いた。
そもそも入院したことも知らなかった。
頻繁に連絡はしていないけど、隔週ぐらいには連絡をしていたのに、一体何が起こったのかさっぱり分からなかった。

詳しく話を聞くと、1泊の入院だったらしい。
「大したことないから連絡をしなかった。」と言うより「連絡を忘れていた。」方が正しい感じがした。
1泊と短いし、今は「お礼」を受け取らない病院も多いし、院内の掲示板にそのようなことが書いてある場合もある。
理由と共に「いらないと思う。」と伝えると、「そう、じゃあね。」と言って電話は終わった。

母にとって、父の入院よりも、そのお礼を渡すかどうかの方が重要だったらしい。